Mohamed bin zayed Species project number0925693

Mohamed bin zayed Species Conservation(Project No.0925693)-Heaviside's Dolphin-10,000On March01,2010

ナミビアドルフィンプロジェクトの使命:

ナミビア海域、特に風土病ヘビサイドのイルカのイルカとクジラの保全状況を評価する。

イルカの個体群に対する意識を高め、脅威を管理するために、地域社会と緊密に協力すること。 ナミビアにおける鯨類個体群の長期的なモニタリングと保全を促進するために、地元の管理/保全グループに訓練を提供する。

私たちの目標:

1. 人口の豊富さを推定し、脅威、種の分布および生息地の使用を評価することにより、ナミビアにおけるHeavisideのイルカおよび他の沿岸イルカ種の保全状況に

2. 地元の科学者や保護者と協力して、静的音響モニタリングを使用して、沿岸イルカ種、特に風土病ヘビサイドのイルカの長期モニタリングのための効果的で持続可能な方法を開発する。

3. 生きた鯨類の救助に対処するために、ナミビア内の訓練され、情報に基づいた人々を含むstrandingsネットワークを開発する&死んだ動物からの貴重な科学的データの集

4. 科学者や保護者へのトレーニングワークショップや地域社会、特に学校への協議を通じて、海洋科学と保全への意識と関心を奨励し、海洋動物相への関心、所有権の感覚、それを保護する必要性を高めます。

5. プロジェクト内と外部の協力の両方を通じて、地域のより広範な海洋研究のために利用可能な研究インフラとネットワークを開発する。

ナミビアドルフィンプロジェクトは2008年5月にSimon Elwen博士とRuth Leeney博士によって設立されました。 私たちは、スワコプムント/ウォルビスベイエリア南からリューデリッツまで、ナミビアの沿岸海域で働いており、イルカやザトウクジラや南アフリカのオットセイなどの他の海洋哺乳類のためのいくつかの重要な生息地を網羅しています。 私たちは、ナミビアの鯨類(クジラやイルカ)についての詳細を学び、それらが将来の世代のために保護され、管理されていることを確認するために、地方自治体、非営利団体や地元の海洋利害関係者と協力して動作します。

この作品から以下のような多くの出版物が生まれました:

  • Leeney RH,Post,K,Best PB,Hazevoet,CJ and Elwen SH(2013)-ナミビアからのpygmy right whale Caperea marginata records. African Journal of Marine Science35(1),pp133-139
  • Elwen,SH,Gridley,T,Roux,J-P,Best,PB and Smale mj(2013)-ナミビアのコギイドクジラの記録であり、矮性マッコウクジラ(Kogia sima)の最初の記録を含む。 海洋生物多様性の記録6(e45). pp1-8
  • Elwen,SH,Meintjies,J and Roux J-P(2012)–表面の下での死-ナミビアのウォルビス湾の南部の巨大なペトレルに先行するケープ-オットセイ。 鳥類学的観察。 http://oo.adu.org.za/content.php?id=60
  • Elwen,SH,Findlay,KP,Kiszka,J and CR Weir(2011). -南部アフリカの亜地域における鯨類研究:以前の研究と現在の知識のレビュー。 アフリカ海洋科学ジャーナル33(3)pp469-493
  • Barendse,J,Best,PB,Thornton,M,Elwen,SH,Rosenbaum,HC,Carvalho,I,Pomilla,C,Collins,Tjq,Meñer MA and Leeney RH(2011). -トランジット駅や目的地? 写真と遺伝子型のマッチングに基づいて、南アフリカ西部沖のザトウクジラMegaptera novaeangliaeの出席パターン、地域の動き、および人口推定。 African Journal of Marine Science33(3)pp353-373
  • Leeney,RH,Carslake,D and Elwen SH(2011)-ナミビアにおけるヘビサイドのイルカのエコーロケーション行動を記述するために静的音響モニタリングを使用する。 水生哺乳類。 37(2)pp151-160
  • Elwen,SH and Leeney RH(2010)-Heavisideのイルカ(Cephalorhynchus heavisidii)に対するプロペラストライク損傷の損傷とその後の治癒。 水生哺乳類, 36(4): 382-387

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。