ダイブブリーフ:

  • パフォーマンスマーケティング技術企業であるCriteoは、電子商取引ブランドの広告交換の非公開開発者であるHookLogicを約250万ドルで買収することに合意した。

  • HookLogicは、Wal-Mart、Target、Costco、Best Buyなどの小売業者と提携して、webページの製品検索結果に表示される特定のアイテムに関連するスポンサー広告を販売します。

  • 2004年以来のHookLogicは、Bain Capital Ventures、Fung Capital USA、Intel Capital、Mousse Partnersなどから約40万ドルの資金を調達している、とRecodeは報告している。

Dive Insight:

この取引に関する多くのメディアの報道は、前日に発表されたSalesforceのKruxの買収を引用しているため、広告技術分野は大きな統合の波を経ているよう しかし、CriteoのHookLogicの購入は間違いなく小売部門にとってより関連性があります。

HookLogicのアプローチは、小売業者がGoogle AdWordsから購入して商品の検索結果に表示するGoogle商品リスト広告のひねりのように少し聞こえます。 HookLogicでは、ブランドは、そのサイト上の自社製品へのトラフィックを駆動することを期待して、特定の電子商取引サイト上の広告スペースに入札します。 その後、HookLogicはその小売業者およびeコマースパートナーと結果の収益を共有します。

多くの報告では、ニューヨークに拠点を置くHookLogicを広告技術分野のスタートアップと呼んでいますが、それは12年前から存在しています。 Wal—Mart、Tesco、Target、Asda、Best Buy、Macy’s、Expedia、Hasbro、Intel、LG、L’Oreal、Mondelez、Philips、Microsoft、Marriottなどのパートナーと顧客リストがありますが、それはまだ耳の後ろに濡れているようには聞こえません。

これらの提携は、フランスの企業Criteoが以前に提携したことのない多くの小売業者やブランドへのアクセスを得ることを意味しています。 HookLogicとit自身の機能を統合することにより、それはまた、電子商取引部門にはるかに包括的な広告とパフォーマンスマーケティングソリューションを提供す 機能の組み合わせは、実際には、GoogleやAmazonが提供する、または提供したいと思うもののように聞こえますが、これは、この組み合わせたプレイが競合他社とし

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。