これらのタスクを達成するために、成功したリーダーは、組織の目標を達成するために全従業員に動機を与えなければなりません。 この声明は、簡単であるが、管理とリーダーシップ間の相違が演劇に入って来るところである。 十分な刺激、欲求および責任とのだれでも右の訓練、教育および経験を得れば有効なマネージャーになることを学ぶことができる。 だから、これらのスキルのいくつかは何ですか?会社で上向きに動く前に習得される必要がある管理技術はコーチ、コミュニケーション、意思決定、委任、計画&仕事を組織し、性能を管理し、フィードバックを提供 これらの技術は未来のリーダーにマネージャーを変形させることの中心にある。 そしてこれらの基本的な技術が開発されれば人々がさらにもっと有効になるのを助ける他の特性が、のような、戦略的な考えることおよび会社内の信頼を促すために地平線に目を保つ。

しかし、私は正直さ&リーダーシップについての私の元の声明によって何を意味しましたか? それは託されたマネージャーが、新しい技術について学び、新しいビジネス洞察力を得、自習プログラムを通して彼らの技術を改善できる本当であるが、真のリーダーシップはちょうどいろいろ基本的な技術と堪能であることより多くの何かであることである。 真のリーダーシップは、人々がリーダーのビジョン、方向性、指導を信じるときに来ます。

真のリーダーシップは、倫理的に行動し、組織のニーズと人々のニーズの両方にコミットし、最終的に努力する価値のあるビジョンを作成することを含みます。 誰もが彼らの指導者が信頼できることを望んでおり、この特性はすべての成功した指導者に見られます!

指導者たちはまた、新しい課題を模索し、彼らの行動に責任を取る。 彼らは常に自分自身とその組織を改善するための新しい方法を探しています。 リーダーは、彼らが達成したいものを知っている、彼らは高い目標を設定し、勇敢に行動し、そうすることによって、彼らのビジョンに向かって前方に皆を動

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。