航空機の概要:

第2次世界大戦では、牽引輸送グライダーは、パラシュートを使用せずに、敵ラインの後ろに重い武器を持つ空地軍に大量に建設され、軍隊の散乱がはるかに少ない。 対気速度ホルサは、二人のパイロット、およびジープや対戦車砲のような25以上の軍隊や負荷を運びました。 それは円筒形の合板の胴体、非常に大きなフラップを持つ高い翼、および投棄可能な主な下部構造を持っていた、グライダーは、中央のスキッドと鼻ホイールに着陸しました。

主にスプルースと合板で建てられ、しばしば家具メーカーによる小組立で建てられました。 それは、スターリング、ハリファックス、アルベマール、そして後にダコタという様々な異なる航空機によって牽引されました。 AS。51ホルサMk.1941年のIは、スライド式の人員用ドアを備えた広いポート側のドア/ランプを持っていた。 その後、後部荷降ろしが採用され、尾部はクイックリリースボルトを外すことによって取り外された。

58Mk.1944年のIIは、荷積みと荷降ろしのために片側に振ることができるノーズ/コックピットアセンブリを導入しました。 両形式のうち3,655両が製造された。 Horsaはソールズベリー・ホールの敷地との強いつながりを持ち、エアスピードによって設計され、最初の2つはそこに建てられ、組み立てと飛行試験のために現在のロンドン・ヒースロー空港に移された。

航空機仕様:

電源ユニット:なし

翼幅:88ft(26.8m)

長さ:67ft(20.4m)

荷重重量:15,250lb(6,917kg)

滑空速度:15,250lb(6,917kg)

滑走速度:15,250lb(6,917kg)

滑走速度:15,250lb(6,917kg)

滑走速度:15,250lb(6,917kg)

滑走速度:15,250: 100mph(161kph)

博物館に展示されている

1975年に買収された博物館の展示品は、Mk.II HorsaとMkの胴体の前方部分。私はHorsa。 胴体は側面に沿う軍隊のための左舷傾斜路/ドア、内部の合板のベンチの座席、空挺部隊によって使用のための折る自転車、戸口を満たすのに必要とされた傾斜路の余分セクションおよび主要なスキッドを示す。 また眺めで折り返しのための空気シリンダーはある。

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。