By Claire Novak

国内最大のメディア組織が突然ホームスクーリングに夢中になった場合、どうなるか想像してみてください。 映像のテレビの乗組員および有名なjournalistsrushingはhomeschooling家族にインタビューし、Nightlynewsの彼らの生活様式を促進するために—PeterJenningsによって”なぜHomeschoolべきであるか、”特別報告、またはBarbra Waltersとの”子供を右の方法”育てることを考えなさい。 Sounda少しこじつけですか? たぶんそれは-アメリカで。 しかし、かつて普及していた公立教育システムが衰退している日本では、メディアの大御所やビジネスマンは、実行可能な選択肢を見つけるためにareeager。 どうやら、ホームスクーリングは、法案に適合します。

科学と教育における西洋の基準に追いつくことは、常に日本の最優先事項の一つでした。 第二次世界大戦後、アメリカ人は自分の後にそれをモデル化することによって、日本の教育システムを改革するために”助け”。 義務教育は、小学校と中学校を含むように形成されました。 小学校のカリキュラムも三つの主要なカテゴリに分かれていました: 通常の科目、道徳教育、特別活動。 日本語、社会学、算数、理科、生活-環境学、音楽、芸術-工芸、家事、体育を学ぶことが求められています。

かつては公立学校の高い水準と規律が尊重されていたが、日本の教育システムは1980年代から着実に低下しており、1983年から1986年にかけては危機感が公教育に関する報告を支配していた。 “Windows on JapaneseEducation”と題された巻の寄稿者であるLeonard Schoppaによると、”教師を攻撃する学生の話はマスコミで頻繁に取り上げられ、文部省は全国の小中学校でいじめの流行を報告し、毎晩のニュースは自殺する前にいじめや受験圧力を非難した苦しめられた若い学生の話を伝えた。”

80年代の悲劇的な出来事により、教育改革が日本の指導者の間で最優先事項となったが、実際にはdecadepassedとして状況は悪化した。 日本の教育省の教育改革課の吉本宏所長は、”昨日、私たちは皆、改革しなければならないことを知っています。”1999年までに、studentmurdersはあまりにも一般的な脅威になっていました。 公立学校に通うことは、スピード違反のトラックの前で自分自身を投げ捨てるようなものでした—生存のための多くのチャンスはありませんでした。 “アップルツリー”と呼ばれる家庭教師プログラムの創始者である増田義江によると、公立学校の問題は、問題を抱えた若者や暴力的な若者だけを責めることはできない。 “日本の教育システムの最大の非難は、普通の子供でさえもう学校を扱うことができないということです”と彼は言いました。

今日、統計は改善していない。 300,000人以上の学生が学校を中退し、一年生の早ければいくつかの。 教育システムは、国の経済的成功は、個人の幸福を無視しています。 そして、逆に古い好みに、日本の企業は、もはや愚かな工場労働者を受け入れることを好みません。 彼らは、人生のビジョンを持っている卒業生を求めています—誠実さ、創造性、そして将来についての意見を持つ個人。

6年前、アメリカのホームスクーリング運動を調査するために、4人の日本人ビジネスマンがホームスクール法的防衛協会(HSLDA)を訪問した。 事実上前代未聞の出来事で、彼らは日本の報道機関の完全な協力と賞賛を得て、彼らの国のホームスクール運動を設立しました。 彼らはまた、日本でのホームスクーリングを合法化するためにHSLDAに支援を求めました。

この会議の直後、東京の二大放送会社である東京放送サービス(TBS)と日本放送サービス(NHKテレビ)は、HSLDAの代表者とホームスクーリングの家族に、この方法の有効性 これらのインタビューの結果、ホームスクーリングに関する二つのスペシャルが作成され、全国で放送されました。 しかし、日本のビジネスマンはそこに止まらなかった。 また、クリス-クリッカを日本初の全国ホームスクーリング会議で講演し、日本ホームスクール支援協会(HOSA)の組織に参加させました。 HOSAは、日本マイクロソフトやAtmark Corporationの社長を含む多くの主要なビジネスリーダーによって設立されました。大学コミュニティの影響力のあるメンバーも監督の役割を果たしています組織の毎日の管理。 Hosaの成田茂学長は兵庫大学の教育専門家であり、Hosaのボードメンバーである秦明夫は埼玉工業大学の教授です。

メディアのホームスクーリングへの関心は、日本のホームスクーリング運動とその方法を積極的に紹介する多くの機会を提供した。 大手ネットワークや新聞社との大規模な記者会見で講演し、日経(日本のウォールストリートジャーナル)や東京新聞(東京最大の紙)のような有力な論文は、日本のホームスクーリング運動とその創設者について好意的に書いた。クリッカはまた、文部省の決定と意見が非常に重要であることを知って、文部省の高官と会うことができました日本の学校当局に。

“日本ではホームスクーリングが飛躍的に成長している”とKlickaは語った。 “それは神の驚異的な動きです。”Christian homeschoolershaveはHOSAが日本教会およびHomeEducators連合(CHEA)、ボブ-ジョーンズのカリキュラムのようなhomeschoolingmaterialsを翻訳するために働く組織によって加わったので余分奨励を得た。 一緒に、両方の協会は、ホームスクーリング会議、フィールドトリップ、およびその他のイベントを手配し、何千ものacademicand法的支援を提供します。

“彼らはこれを、日本が教育分野で被った損失を取り戻すのに役立つ方法と見なしている”とKlicka氏は述べた。 “彼らはこれらの子供たちを助けたい—kidswhoは素晴らしい創造力を持っていますが、金型で立ち往生になりたくありません。”この動きについてとても空腹と深刻である、”CHEAの創設者ヒロイナバは言いました。 “子供たちは、世界の強い塩と光であるために、キリストに強いルーツを構築するために、純粋に聖書の状況を提起する必要があります。 少しずつ、神は働いていて、彼の約束。”

伝記情報

著作権、2009年。 以下の著者によってすべての権利を保有します。 コンテンツ提供:ザ-スクールハウス®マガジン,LLC.

Claire Novakはフリーライターおよびジャーナリストである。 彼女の記事はGirlhood Home Companion、Pebbly Brook Farm Journal、Country Line Magazine、その他の出版物に掲載されています。 彼女は彼女の家族の中で積極的な役割を果たしていますministry.www.GiftOfFamilyWriting.com.でクレアを訪問www.homeschoolblogger.com/ClaireNovak

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。