ホルモン療法は、卵巣癌治療後に重度の更年期症状を有する女性に安全に投与され、生存に有益な効果を有する可能性があります。

「この試験は、卵巣癌治療後に重度の更年期症状を有する女性が、そうすることによって生存を損なうことなく安全にホルモン補充療法を受けるこ Eeles、Fmedsci、MA、博士、癌研究所、英国、および同僚の。 “確かに、レトロスペクティブ研究で報告された生存優位性は、無作為化アジュバントホルモン療法試験で確認されているので、生活の質と生存利益のたEelesらは、上皮性卵巣癌と診断された女性におけるホルモン療法の使用を評価するために、1990年にアジュバントホルモン療法試験を開始した。 彼らは1990年から1995年の間に三国の19のセンターから患者を募集した。 すべての患者は、最後の9ヶ月以内に上皮性卵巣癌と診断されていた。

この試験では、150人の女性に5年間アジュバントホルモン療法をランダムに割り当てたか、ホルモン療法を行わなかった。 ホルモン療法群に割り当てられた患者は、治療期間の中央値は1.14年であった。 主要なエンドポイントは全生存であり、研究者らは無作為化から死亡までの時間と再発のない生存と定義した。

生存している患者のフォローアップの中央値は現在19.1年である。 データ分析では、患者の81%が死亡していた:患者の71%がホルモン療法を割り当てられ、そうでなかった人の91%が死亡していた。 両群の死亡の大部分は卵巣癌によるものであった。

全生存率は、ホルモン療法を割り当てられた患者で有意に改善された(ハザード比、0.63;P=。011). 20年での制限された平均全生存率は、ホルモン療法群では8.5であり、対照群では5.7であった。

「無作為割付けの4〜5年後に見られるアジュバントホルモン療法の全生存に対する効果は、20年間持続するように見えることは興味深い」とEelesらは書 “治療後の期間の同様の効果は、ホルモン治療を伴う乳癌予防試験で観察されており、ホルモン治療の終了後7年後に予防効果が持続した。”

再発患者の八十から一パーセント:ホルモン療法群で72%、対照群で91%。 20年での平均再発フリー生存率は7であった。ホルモン療法を割り当てられた患者のための5年は対照群のための4.7年と比較した。

「試験のサイズが小さく、HRsの周りに大きなCiが観察されたことを考えると、ホルモン補充療法の真の利益をより正確に推定するためには、より大規模な試験が必要になるだろう」と研究者らは書いている。 “この不確実性を考えると、これらの結果に基づく臨床指導には、卵巣癌の外科的治療後少なくとも1年間のホルモン補充療法の投与が含まれる可”

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。