どのくらいの重量は、具体的な屋根のサポートカバーすることができます

屋根材を検討する際には、多くのことがあります考慮すべき要因。 耐久性、コスト、および住宅用または商業用の屋根のためにどの材料を使用するかに影響を与える可能性のあるotherthingsの連祷。

しかし、可搬重量はもう一つ重要なものです。 そして、具体的に行くことがプロキシで何かをサポートできることを意味する場合は、最初に宿題をする必要があります。

“コンクリート屋根はどのくらいの重さができるのか?”を知りたい方はこちらへ。”あなたはそのコンクリート屋根のインストールにコミットする前に、最も重要な質問をしています。 このガイドでは、”コンクリートの屋根をどのくらい支えることができますか?”そして、他のものの連祷。

では、コンクリートの屋根はどのくらいの重量を支えることができますか?

この質問に対する答えは、コンクリート自体の要因の数によって大きく異なる可能性がありますが、経験則は、コンクリートの厚さと補強材がないかどうかに応じて、平方フィートあたり約1,200ポンドです。

よくある間違いは、素人の屋根職人はコンクリートが非常に強いと仮定しているだけですが、他の材料と同じように重量制限があります。 知っている”どの位重量は具体的な屋根支えることができるか。”そのconcreteroofのインストールの準備をするときに最も重要な質問の一つです。

屋根の補強

新しい設置では、これは屋根職人が仕事をすることによって行われる一般的な方法です。 しかし、古い家では、”どのくらいの重量はコンクリート屋根を支えることができますか?”それはかなり古いか、または多くの損傷を経験しています。

完全な交換がシナリオの中で最も理想的ですが、新しい屋根のコストはそれほど現実的ではないことがよくあります。 それはtheroofを補強することが来るしばらくの間theroofの音の構造完全性を保つ速く、速い修理および補強を実行している間あなたの屋根から長い生命を

ここでも、できる限り新しい屋根を得ることを強くお勧めします。 それでも、あなたの屋根を強化する方法はいくつかあります寿命の面で少し後押ししてください。

パッチによる修理への対処

コンクリート屋根の劣化や損傷がそれほど悪くない場合は、パッチを適用して寿命を少し長くすることができます。 しかし、広範なパッチワークを実装している場合は、適切な負荷をかけることができ、最大重量を処理できないと想定してはならないことに注意するこ

コンクリートの屋根はどのくらいの重量を支えることができますか? 屋根の状態と年齢は、あなたや屋根の請負業者が安全に屋根を横断できるように、その質問への答えを決定するための不可欠な要因です。

既存のトラスを強化する

これはあなたの屋根に耐久性を追加する方法です。 2×4sの使用によって、構造の1つの端からの次への場所にあるかもしれないあらゆる既存のトラスとそれらを単に結合する。 これは余分安定性を可能にし、答えに”どの位重量が具体的な屋根サポートできるかかなりねじれを置くことができるか。”

これは長期的な解決策ではありませんが、屋根が摩耗や劣化の兆候を示している場合。 屋根の上にevergettingと、これはちょうど完全に屋根の最終的な交換を延長されていることを理解するときに注意してください。

屋根が故障しているという兆候

すべての屋根構造がそれに何か問題があるという点滅する警告標識を提供するわけではありませんが、”コンクリート屋根はどのくらいの重量を支えることができますか?”被害が目立つようになると、それは議論の余地になります。 これはその損傷が屋根を危険および深刻な危険横断することを作るのである。

あなたの屋根の状態や現在起こっている問題があるかどうかについては、目を光らせるべきことがいくつかあります。

漏れ

屋根システムを悩ませている最大の問題は、コンクリート屋根が漏れの形をしていることです。 あなたの天井に複数の濡れた斑点がある場合、または屋根の上に湿気が保持されている場合、屋根には大きな問題につながる可能性のある弱点が

漏れは、屋根システム自体だけでなく、建物の残りの部分の構造的完全性にとっても大きな問題です。 その水が持続することを許可されればそれに構造サポートを提供するcouldbeがそれに建物の空気質をhazardtoにするカビの成長をもたらすことができる木を腐敗し、腐敗させるチャンスがある。

亀裂

亀裂は、あなたの屋根に問題がある可能性があることを明確に示しています。 これは、上に実装されているストレスがあり、それが他の方向に外側に広がっていることを意味することができます。 これはあなたの具体的な屋根とのtoserious問題を導くことができま、それを構造的に傷つきやすくさせ、近くあるために安全ではない作ります。

小さな亀裂はそれほど大きなアイデアではありませんが、適切な屋根の請負業者に現場を調査し、状況を理解するように求めることで、潜在的に悲惨な状況に先んじて滞在することができます。 このようなシナリオでは、常に注意することをお勧めします。

コンクリート屋根はどのくらいの重量を再び支えることができますか?

“コンクリートの屋根がどれくらいの重量を支えることができるか”を決定する要素は非常に多く、白黒の質問ではありません。 完全に健康で消耗の兆候を示さない場合、コンクリート屋根は安全に平方フィートあたり約1,200ポンド(0.54t)をサポートすることができます。

しかし、漏れ、割れ、欠け、その他の損傷が醜い頭の後ろにあるとき、その数字は指数関数的に落ちる可能性があります。 あなたが見てyourconcrete屋根の領域を参照してください場合は、最も安全な賭けは、inthose領域を踏んで避けるため、専門家にそれを残すことです。

あなたの具体的な屋根はたくさんに立ち向かい、屋根ふき材料の耐久の選択であると証明できるが確かに専有物の問題に免疫がない。 あなたが雪を心配している場合は、この屋根荷重計算機に相談することができます。 そして、”どのくらいの重量がコンクリートの屋根を支えることができるか”を尋ねる前に、それが最適な形であることを確認する必要があります。

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。