私は最近この質問を受けました:

“脚本を書いた後、どのくらいの頻度であらすじや治療を求められるのか興味がありましたか? 私は概要が1-3ページであることを知っています。 あなたがそれらを行っている場合は、どのように詳細を取得しますか? あなたは広いストロークの上に行くのですか、またはあなたはシーンを通してかなりA-Zに行くのですか?

私が入力しているコンテストのために、彼らはスクリプトだけでなく、私には彼らがログラインよりもあらすじをしたいように聞こえる”支持説明”を求めています。

私はまた、治療をするように求められていることを恐れていることを認めなければなりません。 私はそれが一緒に脚本についての説明の30-60ページを置くことがいかに難しいか想像することはできません。”

私は通常、すべてのスクリプトで行うことは、簡潔なログラインと1ページ未満の概要を書くことです。 あなたはすべてのより良い半分のページにそれを得ることができれば。 明らかに一つのページ未満では、非常に簡潔でなければならず、唯一の高いポイントを打つ必要があります。 主にあなたはあなたの物語に集中し、明確な始まり、中間、終わりを示し、あなたの主人公、アンタゴニスト、そしてあなたの主人公が物語の過程でどのように変化するかを明確に示したいと思っています。 これはあなたの原稿を、余りに書いた前にするべきよい練習である。 実際のスクリプトを書いている間は変更されるかもしれませんが、始める前に書くように設定したものを処理しておくことをお勧めします。 あなたの原稿を書いている間主要な要素の視力を失うことは容易であり、このような短い概要は実際に争いの上のそれらを保つのを助けることが

この1ページ未満の概要は、さまざまな理由で非常に便利です。 ほとんどの場合、クエリ文字の概要として使用できます。 誰かがあなたの原稿の短い1–3ページの記述をほしいと思うときこれは、余りに働く。 あなたが指摘したように、多くのコンテストは短い概要を望んでいますが、これもまたうまくいきます。

私は長い治療を書くように頼まれたことがない、通常は一つのページの概要で十分で十分です。 しかし、私はいつも私が詳細な治療を生成しなければならなかった場合、私はおそらく私の元の輪郭に戻って、かなり簡単に何かを思い付くことがで 私は詳細な治療を求める人には懐疑的です。 それは確かに一般的な方法ではなく、あなたが指摘しているようにかなりの仕事になるでしょう。 あなたは人々があなたのスクリプトを読んで欲しいとあなたのloglineとsynopsisは、それが読む価値があるかどうかを把握するのに十分でなければなりません。

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。